妻にバレずにお金を借りる方法

今を充実させる手助けに!

キャッシング、というとネガティブなイメージがあるかもしれません。
基本的にお金を借りられずにいられるならば、借りずにいたいものですが。
大きな会社でも”資金繰り”という名のもとに割合お金を借りて事業をすすめています。
銀行自体、一般の消費者から”お金を借りて”、運用しているわけで、
その銀行がお金を貸すこと自体が重要な業務内容になっています。
借り方が問題だと思うのです。
返せるあてもないのに借りるとか(これは詐欺に近いですね)、
返済期日が守れずに信頼を失したり。
そこをしっかりと守れるならば、むしろお金を借りることは”今必要なお金!”を調達し、
今を充実させるための手助けになる、素晴らしいものだと思うのです。
ですからなにもネガティブなイメージばかり思い浮かべる必要はないと思います。

 

「本当に必要???」

 

何をするにもお金がかかる世の中だなあとつくづく思う今日この頃です。
例えば、子どもの教育費について考えてみたいと思います。
子どもに良い教育を受けさせたいなと思うのが親心です。
そのため、質の高い習いごとを始めたり、私立の学校を受験したり、四年制の大学を卒業させたり、留学させたりときりがありません。
その都度、高額なお金の準備が必要になってきます。
身の丈にあったマネーライフを送るのが理想ですが、なかなかそうもいきません。
子どものいずれは財産になると考えると、つい、背伸びをしてお金を借りる事態に陥るかもしれません。
「お金を借りる」イメージは、世間一般では後ろめたく、暗いものであるかもしれませんが、「本当に必要」と思える借金なら、前向きにとらえても良いのではないかと私は思います。

 

お金を借りるということについて

 

お金を借りるという理由は人それぞれではありますが、必要なことなら良いのではないでしょうか。
趣味で欲しい物があるからお金を借りるというのはあまり良い方法ではありません。
ですが、生活をするために必要ならば借りてもいいのではないかと思います。
でも、そう簡単にお金が足りなくなるという状況にもならないと思いますね。
食べ物をしっかり食べても趣味にお金をかけすぎたり、贅沢をしすぎない限りは大丈夫なはずなのですよね。
それでも、お金が足りなくなってしまうということは、どこかに問題点があるのだと私は思っています。
欲しいものを買えないなんて面白くないです。
大切なのは本当に欲しい物を買うということなのではないでしょうか。

 

借金について

 

お金を借りるということについて、はっきり言ってあまりいいイメージを持っていません。
私の友人も消費者金融からお金を借りていますが、返済にずいぶん苦労しています。
 まず、お金を借りること、特に消費者金融から借りることは、とてもリスキーなことであるという印象です。
借金取り立てを題材とした漫画もあるくらいですし、そんな目に合うことはないとは思いますが、麻薬と一緒で近づいてはならない物事の内に、お金を借りることは入っています。
背に腹がかえられなくなったらば、役所に行けばいいのであって、決して消費者金融に行くべきではないと思います。
高利貸しにお金を借りるとろくなことにならないと思うのは、一種思い込みもあるでしょう。
いくつもの作られたドラマによって印象が悪くなっているのです。
ですが、私は借りたくはないですね。

 

お金を借りるというイメージ

 

大人になってからお金に不自由したことのある人は決して珍しくないと思います。
ちょっとした不運が重なると、お金が足りなくなってしまうことはよくあることです。
しかし、いざ、自分がお金を借りないといけない時にはなんとも情けないような気分になってしまうものです。
できれば、人に見られたくも知られたもないことだと感じる人が大変でしょう。
"きちんとお金を管理でできない人”とか、”かわいそうな人”と思われそうだから、というのがあるでしょう。
実際に全然贅沢をしていなくても、パートやアルバイトなどが収入源で、それでちょっと歯の治療をしたりしたり病気になったりしたら、お金などすぐに足りなくなります。
ですから、しかたない場合もあるでしょう。
けれど、お金を借りるイメージというのはやっぱり暗く、情けない感じに思う人が多いでしょう。